犬猫のノミダニ 駆除

犬猫のノミダニ駆除

 

犬や猫はどうしても人に比べると地面に近い位置で生活をしているため、簡単にノミやマダニに感染してしまいます。

 

犬や猫の毛を良く見てみると、中で虫が動いているのを発見する事も多いでしょう。

 

ですが、この状態を放っておきますとペットだけでなく小さな子供のいる家庭では、子供にも被害が及んでしまう場合がありますので必ず駆除をするようにしましょう。

 

犬や猫の駆除用の商品は、ホームセンターなどでも購入する事ができます。

 

多くの方がこのようなところで、お手軽に購入されていると思います。

 

実際に使用してみて、効果はどうだったでしょう?

 

何となく効いているように思っているかもしれませんが、実際はあまり効果がありません。

 

犬猫のノミダニ駆除

ノミやマダニはすでに成虫がいる場合にはほとんどの場合卵が存在しています。

 

ですので、卵から成虫になるまでのすべての過程に効く駆除剤でなければ全く意味がありません。

 

何処かの成長過程に効き目のない駆除商品では、結局退治する事はできせんので無駄な出費になってしまいます。

 

よくノミを見つけるとつめでプツンと潰してしまう人がいますが、気持ちは良いと思いますが中の卵をばらまいているだけになりますので、決してしないようにしましょう。

 

やはりしっかりと効果があるものは獣医さんなどが使用している駆除剤になります。

 

この手の駆除剤は、卵から成虫になるまでの全ての過程に効果がありますので、完全にノミ、マダニなどを駆除する事ができます。

 

犬のノミダニ駆除

 

だんだん」と暖かくなってきますと、外に出た時などにノミやダニが付いてきます。

 

ダニは血を吸うと落ちてしまいますのでいいのですが、ノミは卵を産んでどんどんと数を増やしていきますので注意が必要です。

 

ノミは部屋の中で犬から出て来て跳ねまわては、そこらじゅうに卵を産んで行きますので、徹底的に駆除をしませんと大変な事になってしまいます。

 

また、犬によってはダニが血を吸う時に出す唾液にアレルギーがあって酷い炎症を起こす事もあります。

 

小さなノミダニですが、楽観視はできません。

 

部屋の中で大繁殖しますと、犬だけではなく人にも被害を及ぼす事が多々ありますので1匹見つけたらかなりの数がすでにいると思って退治をしましょう。

 

部屋の中のノミ、ダニの駆除はアース製薬などから出ている煙タイプの駆除剤を使うこと殺してしまうことができます。

犬のノミダニ駆除

ですが、死骸の中にはたくさんの卵が入っていますので、良く掃除機で吸った後2日程したら再度駆除を行うことで、ほとんどいなくなります。
ですが完全に取り除く事は不可能ですので、ある程度いなくなればOKです。
動物を飼っていない家でも、よく見るとノミやダニは多かれ少なかれいますので少しぐらいでしたら正常と言えます。

 

犬はどうしても外に散歩につれて行かなければいけませんので、ノミダニを連れてくるは仕方がないのですが、最近では予防のために首の後ろに1滴たらすだけで効果のある予防薬や首の回りにつけておくタイプなどいろんなものがありますので、少しでも被害を小さくするために積極的にこれを利用しましょう。

 

また散歩中はなるべく道の中央に近い部分を歩かせる様にして、茂みやノミダニがいそうな墓所へな近づけない事も大切です。

 

犬が地面に体をこすりつけているような動作をした時には、必ずノミかダニがいますので駆除してしまいましょう。
駆除するときに無理矢理取ったりしますと、ノミやダニの体の一部が犬の体に着いたまま残ってしまう事がありますので、注意深く取り除く事が必用です。間違っても潰してしまわぬ様にしましょう。

 

潰すと体の中の卵を一騎にばらまく事になってしまいます。

 

ノミダニ駆除は根気よく何回か続ける事が重要です。実際にお役に立つ方法はこちらでご覧ください。

 

猫のノミダニ駆除

 

猫とノミ・ダニは切っても切れない永遠のテーマになります。

 

猫に付くノミをネコノミなどとも言います。

 

ノミやダニが住み着きますと、唾液などにアレルギーを起こして、その部分が赤くただれた様になり毛が抜けてしまう場合があります。

 

猫から完全にノミやダニを駆除する事は通常の生活では絶対に出来ません。

 

ですので、いかにしてノミ・ダニを少なくするかがポイントになります。

 

ノミやダニは成虫の期間より卵やさなぎの期間が長いので、猫が好んで座る場所にはノミやダニの卵やさなぎがいる可能性が高いので細目に掃除をする事が大切です。

 

猫を幾ら綺麗にしても、家の中の掃除が行き届いていませんと全く意味がありません。

 

自然界では、ノミやダニは暖かくなると活発に動き出して寒い時期はほとんど活動しません。

 

犬猫のノミダニ 駆除

ですが、最近は家の中が一年中暖かく湿度のある状態に保たれていますので、ノミやダニは一年中活発に動いています。

 

このような状況ですので、一旦ノミやダニが発生しますとそのままでは数日後には凄い数に増えてしまいます。

 

 

何しろ猫のノミやダニの駆除はもちろんの事、部屋の掃除を細目にするようにしましょう。

 

猫の駆除剤には、首に一滴垂らすタイプや飲み薬シャンプ―などいろんなタイプがありますので飼い主さんの事情に合わせてお使いになるものを選べば問題はありません。

 

犬猫のノミダニ駆除の嘘ほんと

 

実際に見えているノミダニは一部だけでその何倍もいると言うことを覚えておきましょう。

 

何となく見えているノミ・ダニがいなくなったから駆除できたと思うのは大間違いです。

 

ノミ・ダニを見つけたらすぐに取ってしまう飼い主がいますが、それはとても危険です。

 

マダニなどは、ペットの皮膚に口を入れたまま寄生していますので無理矢理取り除きますと、ペットの皮膚に傷が付きそれが原因で皮膚が炎症してしまうことがありますので、注意しましょう。

 

ノミを見つけると爪で潰してしまう方がいますが成虫の体の中にはたくさんの卵が入っている場合がありますので絶対し潰さない様にしましう。人にも感染してしまう恐れがあります。

 

シャンプ―を細目にしている方はそれで大丈夫と思いがちですが、シャンプーの効果はその時だけで洗いずらい頭部などに簡単に逃げてしまいますので期待はできません。

 

又洗いすぎますと皮膚の大切な油脂分を取ってしまいますので、皮膚の健康を保つ事も難しい事になります。

 

洋服を着ているワンちゃんを良く見かけますが、洋服には全く駆除する能力はありませんので安全だと思っているのでしたら大間違いです。

 

ノミやダニの駆除は何度駆除を繰り返しても、完全に駆除する事はできません。

 

ですので、出来るだけ少なくすると言う感覚で駆除をしていて下さい。

 

家の中でも外でも多くのノミやダニは存在します。

 

外で散歩するときにはなるべく多くの犬が歩いている場所は避ける様にして、草村などには絶対に入れないようにしましょう。
家の中でもいつもペットがいる場所は細目に掃除をするようにして、使用している毛布などは60度以上のお湯で10分ほど洗い、天日干しをすることで卵や幼虫の死亡率はきわめて高くなります。

 

ノミダニ駆除は完全になくす事はできませんが、ある程度で抑えておくことが大切です。実際にお役に立つ方法はこちらでご覧ください。

 

ノミの生涯

 

日本にいるノミの代表的なものは、「ネコノミ」でおもにこのノミが猫や犬に寄生しています。

 

人にも寄生しますので注意しましょう!

 

イヌノミもいますが、あまり多くは存在しません。

 

ノミの大きさは、1〜3mmで、褐色で足が6本あります。

 

そのジャンプ力は物凄く強く、体長の70倍〜100倍飛んでしまいます。

 

160cmの人でしたら、160m飛んでしまうのですから凄いとしか言いようがありません。

 

好物は成虫は血液になります。幼虫の頃は成虫の糞や人の垢などを食べています。

 

ミの一生は、卵⇒幼虫⇒さなぎ⇒成虫の順番で育っていきます。

 

その一生は約1か月と言われています。

 

成虫は光や熱、二酸化炭素に反応してその部分に向かって飛んでいきます。

 

寄生すると約8分ぐらいで吸血を開始し、36時間〜48時間以内に産卵(1日平均30個)します。

 

この吸血と産卵を繰り返して約1か月程でその生涯を終えます。

 

ノミは特殊な能力を持っていて、さなぎの時には湿度や温度が一定の条件を満たさない限り成虫になる事はありません。

 

数年しても条件が揃いませんをさなぎのままでいます。

 

通常ですと、乾燥して死んでしまうと思うのですが、特殊な体液を持っていてそれで死なないでいるようです。

 

この辺りの詳しい内容は良く覚えていませんので、間違っているかもしれません

 

ノミがよくいる場所は犬がよくいるところや部屋の片隅、家具の下など暖かくて湿気のある部分にいます。

 

その間も寄生産卵を繰り返していますので、常に掃除をしませんと物凄い数のノミがいる事になってしまいます。

 

メスのノミが10匹いれば、30日後には10万匹の幼虫を生み出すと言われていますので、ペットを飼っている家庭ではまめに掃除をしませんととんでもない事になってしまいます。

 

ノミにアレルギーのある人はいろんなアレルギー症状が出てきますので、注意しましょう。

 

犬猫のノミダニ 犬猫のノミダニ

 

こんなにならないようにしっかりとした駆除が重要です。人はアレルゲンをある程度まで許容する事ができますがその許容量を超えた時にアレルギー反応を起こします。

 

又、一旦アレルギー反応を起こしますと今までの許容量が下がってしまいすぐにアレルギー反応を出すようになってしまいます

 

ノミダニ予防薬

 

ノミダニの予防薬はいろいろでています。

 

犬猫のノミダニ駆除薬は大きく分けて、飲み薬と首の後ろに垂らす液体タイプの2点に分ける事ができます。

 

下記に効果がある商品の特徴などを説明しておきます。

 

★フロントラインプラス
効果が出る時間:ノミ24時間以内,マダニ48時間以内
効果の持続時間:1ヶ月程度

 

★フロントラインゴールド
効果が出る時間:ノミ24時間以内,マダニ48時間以内
効果の持続時間:1ヶ月程度

 

★フロントライン
効果が出る時間:ノミ18時間以内,マダニ48時間以内
効果の持続時間:1ヶ月程度

 

★コンフォティス
効果が出る時間:ノミ4時間以内,マダニ 効果あり
効果の持続時間:1ヶ月程度

 

★サーチフェクト
効果が出る時間:ノミ効果あり, マダニ24時間以内
効果の持続時間:ノミ7週間,マダニ6週間

 

★アドボケート
効果が出る時間:ノミダニ、フィラリア他に効果あり
効果の持続時間:ノミ/フィラリアともに30日程度

 

★レボリューション
効果が出る時間:ノミの98%を36時間以内に駆除、フィラリアは30日
効果の持続時間:ノミ/フィラリアともに30日程度

 

 

 

ノミダニは幼虫が実際には目に付きますので幼虫を殺そうと、シャンプーなどをする方が多いでしょうが、卵やさなぎがいますので暫くしますと全て幼虫に変化してしまいます。

 

そのような意味からも幼虫だけでなく卵などにも同時に効く薬がおすすめになります。
その効果を持っているおすすめの薬は「フロントラインプラス」になります。

 

又フィラリアの予防もとても大切ですので、フィラリアのために別の薬を使用する方が多いと思いますが、最近ではフィラリアにも効くノミダニ予防薬が発売されていますのでそちらがとても便利です。

 

上記の商品ですと、「レボリューション」「アボケート」がそれにあたります。

 

それなら始めから「レボリューション」か「アボケート」を使用すればいいのではと思われる人もいると思いますが、やはり犬などの薬に対する感受性に個体差がありますので、そのペットに見合った商品を選ぶことが大切です。

 

上記で紹介していますノミマダニ駆除の商品についての詳細はこちらからご覧ください。

 

ノミのジャンプ力

 

ノミは体長の150倍高く飛ぶ事ができます。

 

人間が同じようにとぶとしましたら、30階建のビルを飛ぶことになります。

 

何故ノミがそのようなジャンプ力を持っているかと言いますともちろん筋肉がありますがそれだけではあれだけのジャンプ力を出す事ができません。

 

ノミには筋肉に他にレジリンというゴムのような性質をもつ弾性たんぱく質があります。

 

このたんぱく質は実にエネルギー効率が良く温度の影響を受ける事なくほぼ100%の力をジャンプ力として伝える事が可能な素晴らしい素材になります。

 

通常ゴムボールを2階から落とした場合、その落とした距離よりも低い状態でバウンドしてその後だんだんとボールの弾む力は弱くなってしまいます。

 

これはエネルギーの一部が地面や空気との摩擦で熱になって逃げてしまうからだんだんとエネルギーを無くしていきます。

 

ですが、レジリンはこのようなエネルギーの減退が無く効率良く長い間そのエネルギーを保って行くことができます。

 

犬猫のノミダニ 駆除

 

現在ではこのようなレジリンの構造が研究されており、実際に人工的にレジリンを作る事ができる様になっています。

 

将来、レジリンのエネルギーの効率の良さを利用して人工関節などに応用されていく事になるようです。